耳つぼをマスターしゼニカルとウォーキングを併用

多くのダイエット法の中でも、つぼを刺激する種類には非常に多くのバリエーションが見られます。この種のダイエットとして人気の高いものは、耳つぼを刺激するものです。耳つぼやり方は、つぼの位置さえ分かれば簡単にできるため、その手軽差が人気の理由とされています。
耳つぼやり方は、食欲を制御するつぼを刺激するもので、つぼの刺激によりインシュリンの分泌に変化を与え、過度な空腹感を抑え込みます。そのため、過食の傾向がある方には大変有効なダイエット法です。耳つぼやり方は、耳の穴を中心にして、正確なつぼの位置を探るもので、顔の側面との関係性を見極めながら、つぼの場所を探します。この正確なつぼの部分を刺激する事で、過剰な空腹感を抑える事が可能とされることが知られています。耳のつぼは人差し指で強く押し、しっかりと刺激を与える事が大切で、空腹感の大きくなりがちな食前がつぼの刺激の効果の出やすいタイミングです。
そして、食欲制御に加えるべきダイエット法としては、医薬品での脂質の吸収阻害が挙げられます。ゼニカルという肥満治療の薬は、消化酵素の働きを抑制し、脂質の吸収をブロックします。そのため、ゼニカルは身体への脂肪の吸収の制御だけではなく、脂肪分からのエネルギーの吸収も遮断するので、ダイエットに有効な作用が見られるのです。
しかし、身体に蓄えられているエネルギーを消費する為には、有酸素運動も必要で、長時間にかけて継続が可能なウォーキングなどを取り入れ、体脂肪を燃焼させる事も大切です。ウォーキングは運動強度が低くなりますが、長い時間の継続が可能であることから、脂肪燃焼効率が高い運動とされます。また、ウォーキングは激しいスポーツとは異なり、誰にでも出来るというメリットも挙げられ、ゼニカルとの相乗効果も大きな運動です。