薬の間違った飲み方は重い副作用が出る

慢性的な病気の治療のために毎日薬を服用している人もいれば、時折引いてしまう風などで市販薬を服用する人まで様々ですが、どんな薬でも薬の間違った飲み方によって重い副作用が出ることがあるので注意が必要です。
そのためにも薬をもらうときに渡される注意書きや飲み方を正しく理解して服用することが欠かせません。
最も一般的な飲み方は食後に飲むというものです。これは食後30分以内に飲むものです。忘れないように食事が終わったらすぐに飲んでしまうほうが安心です。
食前は食事の30分前くらいに、食直前はそのとおり食事を取る直前に飲む薬です。
食間と指定されている薬は、食後2時間位で飲むことが想定されています。空腹時に最も効果我出るように作られている薬の多くが食間と指定されています。
寝る前と指定されているものは、寝る30分くらい前に飲むようにします。
このように様々なタイミングでの服用が指定されていますが、飲むタイミングを間違うと全く効果が出ないだけではなく、思わぬ副作用が出ることもあります。たとえば食後に飲むことが指定されている解熱鎮痛薬では、空腹時に飲むと胃が荒れ、胃潰瘍に近い状態になることもありえます。
このように医薬品の服用の仕方の指示にはきちんと意味がありますから指示に従って服用するようにしてください。