ゼニカルの飲み方は簡単

ゼニカルとは、アメリカのロシュ社で開発された肥満治療薬であり、脂肪吸収抑制剤となります。
食事で摂取した脂肪を吸収せずに、そのまま体外へ排出させる効果がある肥満治療薬です。
ここでは、ゼニカル 飲み方について、ご紹介します。

開発されたアメリカにおいては、ゼニカルの服用方法は、朝・昼・夕の食虫または食後に1錠を服用とされていますが、これは欧米の食生活を基本とした服用方法となります。
ゆえに、日本人であれば夕食時にだけゼニカルを服用すれば、充分であると考えられます。
ただ、朝からこってりした物を食べた時や、昼に脂っこい物を食べた時などは、食中または食後のゼニカルを飲んでも構いません。
このように、ゼニカルの飲み方は簡単です。

ゼニカル服用の注意点については、ゼニカルはすでについてしまっている体脂肪を、取り除くことはできないということです。
この体脂肪を燃焼させるためには、運動が必要となります。
ゼニカルを飲んだからといって、すぐに痩せるわけでもありません。
服用することで脂肪の吸収は阻害されますが、デンプンやたんぱく質は吸収されますので、グリコーゲンとして体内に蓄積されます。
このために、ゼニカルの効果が目に見えてわかるようになるまでの期間は、半年から1年の期間が必要となります。

ゼニカルについて正しい認識を持っていただくために再度申しますが、ゼニカルはすでに皮下や内臓の周囲についている脂肪は取り除いてくれません。
これらは運動することにより燃焼させなければいけません。
ゼニカルは、新しく摂取した脂肪を体内に吸収させないための「脂肪吸収抑制剤」なのです。
ゼニカルの安全性については、すでにアメリカで認可されており証明済みとなっています。